indesign-plugin

誤作動確認に便利なプラグイン「訂正バー」

投稿日:

InDesign上での校正に役立つプラグイン「訂正バー」

InDesignのデータで意図せず誤ってテキストを削ってしまう。誤っていらないテキストを入れてしまった。というミスをしたことはありませんか?このようなうっかりミスは、「訂正バー」で解決できます。

「訂正バー」とは、InDesign(mac ,win)で使えるプラグイン。cs2〜CC2017(2018.3現在)まで対応可能。

これを導入することによって、誤って打った箇所にラインが引かれたり、囲み罫ができたりします。

要は、ミスした箇所をハイライトできるのです。

また、訂正バーをONにしたままPDF書き出しも出来るので、画面と出力紙と二重チェックが可能となります。

校正には万全を期してのぞみたいところです。

どんなことを防げるか?

  • 誤って打ったテキストのチェック(テキスト)
  • 文字の半角、全角を変えてしまったテキストのチェック(テキスト)
  • テキストの追加
  • テキストの削除
  • フォントを変えた時
  • 上つき文字
  • 下付き文字
  • 下線
  • 欧文、イタリック
  • 回転
  • 水平比率(長体)
  • 垂直比率(平体)
  • 圏点
  • 縦中横
  • ルビ(振り仮名のみ)
  • 文字スタイル適用
  • 段落スタイル適用
  • スポイトツールによる書式のコピー

どんな風に表示される?

変更した箇所の段落頭に「訂正バー」が表示される。また、変更箇所にマーカー線が引かれるか、囲み罫にするかが選べます。

この設定は、すぐに非表示も可能。また、訂正バーや変更箇所にマーカー線を入れた状態でPDF書き出しも可能。

訂正バーでできないこと

  • 表の列幅の変更
  • 表の行高の変更
  • セルの余白の変更
  • 列の削除
  • 行の削除
  • テキストフレーム(枠)の一変更
  • テキストフレーム(枠)のサイズ変更
  • テキストフレーム(枠)の線の変更
  • 画像配置
  • 画像差し替え
  • 画像の位置変更
  • 画像のサイズ変更
  • 柱の変更
  • 自動ノンブル
  • テキスト変数
  • 文字スタイルの定義変更
  • 段落スタイルの定義変更

 

価格

6,500円(税別)

購入したい場合

大日本法令印刷株式会社にメールで連絡。recep@hourei.co.jp

アドセンス336px

アドセンス336px

図版制作でお困りではないですか?

表現支援クリエイター・図解デザイナー
自分の世界を表現したい方のグッズ制作のお手伝いをさせていただきます。
運営者について
各種問い合わせ先
・mail : info@art-grapple.com
・TEL(skype): art-mask(電話のみ午前9時〜午後6時まで)

-indesign-plugin

Copyright© 表現支援クリエイターseiのブログ , 2019 AllRights Reserved.